過払い金利トライアル

金利の過払いの原因は、「グレーゾーン金利」です。対策は過払い金の返還請求行う場合は、過払いの金利を把握しておく
必要があり、借金に苦しんでいる人にとっては過払いの返還請求はぜひとも実現したいです。

過払いの金利はしっかりと把握しておきたいところです。消費者金融業界が過払い問題に揺れている状況です。10年ほど前、不況のさなかで業績を大きく伸ばし、話題をあつめた消費者金融業界。

しかし、その後違法な取立てや高い利率による利息の取りすぎが問題として指摘されるようになり、世間から厳しい批判を集めました。厳しい取立てで家庭崩壊や経営破たんに追い込まれたり、あるいは過払い金によって巨額の利益を得ているなど、その実態が明らかにされるにつれ、ますます批判は高まっていきました。

そんな中、過払い金の返還請求を行うケースが急増しています。全国各地で発生している過払い金の返還請求によって現在消費者金融会社は対応に追われている状況です。中には急速に業績を悪化させているところもあり、過払い金返還の負担に耐え切れば破綻する企業も出てきています。

過払いの金利は過払い金問題の根本ともいえるものです。過払いの原因のほとんどは「グレーゾーン金利」の存在にあります。


過払いの金利の原因と出資法の金利について


これは出資法に定められた利率の上限と、利息制限法に定められた利率の上限との差です。
出資法では利率の上限は29.2%、それに対し利息制限法では15~20%となっています。

消費者金融は出資法に基づいて利率を設定している一方、利息制限法では上限を超えた利息は無効と定められています。その結果、支払う必要のない利息を消費者金融が徴収しているという事態が発生しているのです。

ですから、過払い金の返還請求を行う場合は、過払いの金利を把握しておく必要があります。まず出資法の金利。現在は29.2%ですが、数年前に出資法が改正されるまでは40.004%という高率でした。長期間借金をしている場合は過払いの金利計算の際にはこのことも考慮に入れる必要があります。



利息制限法の金利について


それから利息制限法の金利。「15~20%」という幅は借入金の規模によります。借入金が10万円未満の場合は20%、10万円以上、100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%がそれぞれ上限となっているのです。

これも過払いの金利計算の際に忘れてはならないポイントです。支払いが長期間にわたっている場合、過払い金が高額にのぼることも決して少なくありません。

借りた金額よりも過払い金の方が多かった、なんてケースもあります。また、まだ返済中の状況で、過払い金を返還してもらったらその分で残りの借金がなくなったということも少なくありません。

借金に苦しんでいる人にとっては過払いの返還請求はぜひとも実現したいものです。そのためにも、過払いの金利はしっかり把握しておく必要があるのでしょう。

過払い関連メモ

安定所又は地方運輸局の紹介によりトライアル雇用として雇い入れた事業主である。 イ 中高年齢者 トライアル雇用開始時に45歳以上であって、原則として雇用保険受給資格者又は被保険者資格の喪失日の前日から起算して1年前の日から当該喪失日までの ...
試行雇用奨励金 - 社労士コラム - 磯野 仁 社会保険労務士事務所

Copyright (C) 過払い金返還マニュアル All rights reserved.