東京の過払い

過払いと東京都での対応について説明すると、過払いというのは貸し金業者や信販会社に対して過剰に払っているお金のことです。東京と地方では対応姿勢に差があります。


過払いと東京都での対応


過払いと東京都での対応についてちょっと説明していきます。ごく大雑把に言えば、過払いというのは貸し金業者や信販会社に対して過剰に払っているお金のことです。

これは法的には貸し金業者が不当に得た利益、つまり不当利得に当たり、立派な違法行為となります。当然違法行為であるので支払いを行った側にはその分の償還請求を行うことが可能となっており、司法書士などにもその分野を専門とする種の人などが存在するほどです。
ただしこれは、貸し金業者などの開示した取引履歴を実際に利息制限法に引きなおして計算した場合で、残債務が無くなり、なおかつ正規の返済分を超過している場合などにしか適応されません。

つまり簡単に言えば、現在進行形でそうした不当な返済プランを適応されていても、実際に支払い側が正当な返済分を超えてお金を払っていなければ成立しない、ということ。

これは貸し金業者が、貸し金業規制法第四十三条のである「みなし弁済」の要件を満たさない場合、法的には利息制限法第一条第一項の利息の利率を元金を超えて取得できないことなどに起因します。

こうした事例に対しては主に司法書士などに相談するのが最もいいのですが、これが実は地方と東京では少し事情が違ってくるのです。そこでここでは、過払いと東京都での対応と題してそうした事例の対応の差異について、少し触れて行きたいと思います。




債務整理と東京都と地方の対応姿勢の差



債務処理というのは基本的に借金を整理して額を減らす、或いは無くすことを前提として対応していきます。これは地方・東京を問わず変わりませんが、いわゆる悪徳消費者金融というのが首都圏に集中している為か、首都圏においては「不当な負債をゼロにする」ことを主眼に置き、対して地方では「多重請求やダブりなどを解消して減額を目指す」ことを主眼に置いています。

過払いと東京、そして地方との違いもまさにそこにあって、東京では過払いに対しては過剰返済分の一括償還を基本姿勢としていますが、地方では業者と話し合いを持ちつつ段階的に、という感じが多いようです。

この過払いの東京と地方の対応姿勢の差に対して、一部の人は焦ったり、憤りを感じたりする人も少なくありません。しかし勇み足は禁物です。こうした事例は国を相手にしているわけではないので、所得税の返金などとは違ってただ待っていればそれでお金が帰ってくるというわけではないのです。

相手も企業、ということを念頭において、焦らず、しかし油断せず、しっかりと腰をすえて司法書士などのサポートと連携をとっていくのがベストです。

過払いの東京と地方での対応の差については、先述のように専任の書士さんもいるので、まずはそちらなどで詳しく相談をしてみるといいでしょう。

過払い関連メモ

過払い金返還請求ならマイタウン法律事務所。横浜(二俣川,青葉台,金沢文庫)・茅ヶ崎・東京の弁護士法人です。当日相談可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。
過払い金返還請求を弁護士に相談|横浜,茅ヶ崎,東京のマイタウン法律 ...

Copyright (C) 過払い金返還マニュアル All rights reserved.